子育てに不安になる時

oyako
子育て

こんにちは。
☆Kaya☆女性がもっと輝く人生を手に入れるための
癒し・力づけのカウンセラー、
子育てCOACH™(子育てコーチ)
十河由紀(ソゴウユキ)です。

 

子育ては不安がいっぱい・・・

 

子育てをしていると

ちょっとしたことで
不安になってしまうことがあります。

 

例えば
・子どもがよく忘れ物をする。
将来社会人としてやっていけるのだろうか

・引っ込み思案で自分の意見が言えない。
学校でいじめられてしまうのでは?

・活発なのだけど自己主張が強くて
お友達に嫌われているんじゃないか?

・なんでも人に言われないとやらない。
自分から動けない人になってしまうのでは?

などなど。

共通しているのは

・事実 → 未来に対する不安

この“不安”は、まだ起きていないか、
未来に起こるかどうかわからないことです。
ただ、過去の自分の経験や
人から聞いたり本などで得た知識から
こうなったらどうしよう?!と
自分で創っています。

不安があると、
どうにかして解消したくなります。

よくやってしまうのは、
子どもへの指示・命令。

・忘れ物しないように気をつけなさい
・もっと自分の意見を言いなさい
・お友達の意見ももっと聞きなさい
・自分で考えて行動しなさい!

親は自分の知識・経験から
解決策を与えているつもりですが

これで、子どもが聞くなら
苦労はしませんね(^^;)

 

不安になった時に、まずやることは・・・

 

まず、やることは、

実際にそのことで問題が起きているかどうかの
現状確認。

子どもに質問します。
たとえば、
お母さんは気になるんだけど、
あなたはどう思う?

子ども自身が何とかしたいと
思っているなら

あなたはどうなりたいの?と

やらない理由ではなく
なりたい未来へ意識を向けます。

子どもから答えが返ってこなくても

お母さんから質問されたことで
子どもの中で自動的に答えを
考え始めるので大丈夫(*^^*)

なぜできないの?
どうしてやらないの?

の原因追及の質問では
子どもは責められていると感じ
出てくるのは言い訳のオンパレードです(^^;)

そして、子どもの言い訳に
親は「わかってなーい!!」と
イライラしながら
さらにクドクドお説教タイム(-_-;)

これでは、なんにもなりませんよね。

 

その“不安”は、実はお母さん自身の思い込みが関係しているかも!?

 

そして、実際には何も問題が起きていない
子ども自身も困っていないなら

お母さんが自分自身で創り出した不安に
振り回されているのかもしれません。

なぜ、このことが不安になるのか?

自分の心に問いかけてみてください。

お母さん自身の信念や価値観(思い込み)が
出てくるはずです。

・失敗するのはダメなことだ
・自分の意見を言えないのは情けない
・自己主張をしてはいけない
・行動力がないのはダメなこと

等々、色々出てくるでしょう。

そして、

それって本当?

と自分に質問します。

自分の枠を広げる可能性のある
魔法の質問です(*^^*)

こんな人になってほしい!
との親の願いは当然あります。

でも、その願いを叶えるかどうかを決めるのは
親ではなく、子ども自身です。

親が望む方向へ子どもをコントロールするのではなく

そんな人に育てるために
親としてどうありたいか?
親として何をどう行動するか?

が大切なのです。

ただ今、お得な体験セッションをやっています(*^^*)

☆kaya☆

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。