”思いこみ”って悪いもの?

nuigurumi
心のこと

こんにちは。
☆Kaya☆ 女性がもっと輝く人生を手に入れるためのカウンセラー、子育てCOACH™、ソゴウユキです。

今日は私が普段から感じていることです。

皆さん、思いこみって聞いたことはありますか?
どんなイメージを持っていますか?

もしかしたら、
・思いこみは悪いもの
・思いこみは取り除かなければいけない
更には
・思いこみがあるのはダメな人

と思っている方もいらっしゃるのかもしれませんね。

セッションをすると
「あ、まだこんな思いこみがあったんだ~Σ(゚д゚lll)」
「こんな思いこみしてるなんて、自分てダメだわ~」

という反応をされる方がいます。

思いこみ=悪いもの
と捉えられているようで
私は気になってしまいます。

思いこみ(NLPではビリーフといいます)とは
その人が生きてきた中で
様々な経験をする中で作られたもので
元々は自分を守るためにできています。

たとえば、
人にひどく傷つけられた経験がある人は
・人は怖い存在だから気をつけなければならない
との思いこみをもち、
人に心を開くかどうかに慎重になることで
傷つけられることを防いできたかもしれません。
一方で、心を開けないために
人となかなか打ち解けられないという
悩みを抱えているかもしれません。

でも、
その思いこみができた頃から時が経ち、
年齢や状況が変わってくると
かえって不都合が起きてしまうことがあります。

だから、今の自分に合わないものは
手放していきましょう
ということなのですが

以前はあなたを守ってきたもの
ということが抜けてしまうと

悪者退治!みたいにならないかと
心配です。

今はうまくいっていないかもしれないけど
あなたの一部として
あなたを守ってきたのに否定される
これでは悲しいですよね。

以前はその思い込みがあるから
自分が守られていた
生きてこられた

そんな感謝の想いでホールドしてから
手放すのが大切だなあと
思っています。

そして、手放したくないものは
無理に手放さなければいけないわけでは
ありません。

思いこみのまーったくない人なんて
いないんじゃないかな。

大切な思いこみも
ありますしね。

あなたにとって
大切なものは残す
今はもう不都合なものは手放す
適切なものに書き換える

選択権はあなた自身にあります。

Kayaでした(*^^*)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。