『わたしのココロはわたしのものー不登校って言わないで』絵本の紹介

book
子育て

こんにちは。
☆Kaya☆ 女性がもっと輝く人生を手に入れるための癒し・力づけのカウンセラー、子育てCOACH™(コーチ)の十河由紀(ソゴウユキ)です。

NLPの講座で講師の方に勧められた絵本。

とっても感動し、素敵な絵本だったので
ぜひご紹介させてください。

タイトルは
『わたしのココロはわたしのものー不登校って言わないで(子どもの気持ちを知る絵本)』
プラスアルハ著~ゆまに書房

book

不登校になってしまった女の子が主人公。
女の子が自分と向き合いながら
少しずつ元気になっていく
そんなお話です。

家族とのやり取りを通した
女の子の繊細な心情が
女の子の目線で丁寧に描かれています。

ネタバレになってしまうので詳細は書けませんが
ある人物の登場で
女の子のココロが動き出しました。

この絵本は講師の先生が読み聞かせてくださったのですが
私は、その人物の女の子への接し方に
心が震えて、涙が止まらなくなってしまいました。

人によって感じ方はさまざまだと思いますが
子どもを受け入れることの
本質的な姿だなあ
私もこうありたいと強く感じました。

大人でもこんな風に
丸ごと受け止められたら
どんなにか力になることでしょう。

子どもを丸ごと受け止めたいと思っている方
不登校になっているお子さんをお持ちの方
お子さんが最近元気ないなあと気になっている方などにおススメです。

こちらの「子どもの気持ちを知る絵本」シリーズは
発達凸凹、家族が心の病気などのお子さんの気持ちを知る絵本などあります。

私もまだ全ては読んでいないのですが
当事者でないとなかなか気づかない
子どもの気持ちを知る、自分に何ができるかと
考えるキッカケを与えてくれるのではと
思います。

 

そうそう、
大人でも絵本を人に読み聞かせしてもらうのも
すっごくいいものですよ~。
私は読み聞かせしてもらって
とっても癒されました。

いつか私も
子育てを頑張っているママ達へ
読み聞かせの会など
開きたいなと計画中です(*^^*)

 

Kaya

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。